HOME > 歯周病

歯周病

歯周病とは、細菌などによる感染症です。

歯周病とは、細菌などによる感染症です。

ブラッシングなどが不十分で、歯と歯肉の境目に汚れがたまり、細菌を増殖させて歯肉の辺縁に炎症が起こります。
痛みなどがないので気付きにくく、そのまま放置しておくと、境目の溝がどんどん深くなり歯周ポケットという汚れが入り込む深い溝に成長していきます。そこから歯槽骨などが解けて歯を支えきれなくなるので、最終的に抜歯をしなければいけない症例も少なくありません。
もし、下記のような症状があり、少しでも歯周病が気になるようであれば、すぐに堺市東区の当院までご相談ください。

歯周病の症状
  • 歯肉の腫れ
  • 歯が浮く
  • 冷たいものがしみる
  • 歯茎から血が出る
  • 歯が揺れる
  • 口の中がネバネバする

歯周病になっていた場合、当院では必要な処置や治療法をご提案させていただきながら、治療を進めてまいります。しかし完治させるために本当に大切なのは、歯科医師が施す治療だけではなく、患者様の健康に関する意識の改善だと考えております。
歯周病がどのくらい進行しているかを把握していただき、治療後も定期的にメンテナンスを受ける事をおすすめしております。

歯周治療の流れ

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
カウンセリング

患者様の状態を丁寧にヒアリングします。

診査(歯周病検査)

レントゲンや口腔内写真の撮影、歯周ポケットの状況や咬みあわせについてなどを詳しく検査します。

診断

検査の結果に基づき、最良の治療方法をご提案させていただきます。

治療
定期健診

治療内容

スケーリング

歯や根の表面の歯垢や歯石を機器を使って取り除きます。

SRP

歯と歯肉の境目にある溝(歯周ポケット)に入り込んだ、炎症の原因となっている汚れを機器を使って掻き出します。

歯周外科処置
エムドゲイン

歯肉を切開し、歯根の表面の汚れを除去し、その表面にエムドゲインゲルを塗布することにより、骨の再生を促します。

GBR

歯肉を切開し、人工骨や自分の骨を移植して、失われた骨を再生します。

FOP(フラップオペ)

重度の歯周病にかかっている歯ぐきを切開し、歯の根幹や骨の汚れを取り除き、歯槽膿漏の症状を改善します。

その他、咬合治療や付着歯肉の移植など、患者様に適した治療方法で処置を行います。
歯周病でお悩みの方、歯周病治療をお考えの方は、堺市東区の当院までお越しください。

医療法人慶歯会 松下歯科医院 〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町7-12-13 ホームページを見たとお伝えください TEL.072-285-4182 [診療時間]9:30~13:00 15:00~20:00 休診日:土曜日・日曜日・祝日